理事長代行・会計代行や管理会社の選定まで、
マンション自主管理組合を強力バックアップ!

重松マンション管理士事務所は、業界トップクラスの実績と顧客数を生かし、各種代行業務から理事会・総会への出席・サポート、管理費滞納組合員に対する支払督促・裁判や競売等の法的措置の実施、日常小修繕、大規模修繕、修繕積立金の運用など、自主管理マンションを強力バックアップします!

平成20年度実施のマンション総合調査によれば、管理会社を使わずに自主管理をしているマンション管理組合は僅か6.7%だそうです。その僅かなマンション管理組合が自主管理を行う理由はさまざまです。

「大型団地なので、会計業務や植栽の手入れ、さらには小修繕などが行える器用な人材がそろっていた。」などは大変恵まれており、理想的な状況だと思います。

しかし、自主管理を行っているマンションの全てがそのような理想的な状態で行っているわけではありません。

  1. 管理会社が倒産又は廃業してしまい、新しい管理会社を見つけるまでは、自分たちで管理していかなければならなくなった。
  2. 管理費削減を目的とした委託業務費の値下げ交渉やサービス面で管理会社と折り合いが付かず、結局管理会社から契約解除の通知を受けてしまった
  3. 小規模マンションなので、管理会社からまともに相手にしてもらえず管理会社変更もできないため、契約を打ち切って自分たちで管理せざるを得なくなった。

等のケースも結構見受けられます。また、前述のように人材が豊富で自主管理ができていた団地でも、居住者の高齢化賃貸住戸の増加による居住組合員の減少などの理由で、従来のように自主管理を実施していくのが困難となった管理組合も結構あります。

  • 高齢化が進み、役員のなり手が不足。一方、理事の負担は大きくなる。法改正などにも対応できない状態に、不安と限界を感じていました。千葉県内マンションB理事長 菊地様

  • 再三の改善要求に応じない管理会社と契約解除せざるを得なくなりましたが、分譲時から管理委託していたので、その後の運営が不安でした。千葉県内マンションD理事長 米山様

  • 30年以上自主管理してきましたが、高齢化が進み、賃貸物件の増加や資金計画の見直し、役員の人材確保等、新体制作りが急務でした。千葉県内マンションE理事長 H様

重松マンション管理士事務所は、今後も自主管理を続けて行きたいと考えている管理組合の支援を目的としてさまざまなサービスメニューを用意して支援します。

などについてみなさま方が適正に実施していけるためのお手伝いを一生懸命やらせていただきます。

重松マンション管理士事務所は管理会社ではありませんので、以上の全ての業務を管理組合に成り代わって実施することはいたしませんが、みなさま方の負担を軽減し管理組合主導で適正な管理組合運営を進めていく支援をいたします。

又、管理会社をお探しの場合は、管理会社を選定するための支援業務も行います。

なお、このサービスは現在自主管理をされている管理組合を対象としているものであり、管理会社を起用して管理運営している管理組合に対して「自主管理」をお勧めするものではありません(その理由はこちら)。